オメガシーマスター300 m同軸マスタークロノメーター時計レビュー

オメガシーマスター300 m同軸マスタークロノメーター腕時計のリストの腕時計レビュー2018は、スイスオメガは完全に更新されたシーマスター300 mダイバー時計コレクション(Ablogtowatchハンズオンここで)を見た。21世紀に製品のテクノロジーと材料を持っている間、更新されたSeamaster 300 Mはコアルックと人気のオメガダイバーの腕時計の感じを保持することを目的としました。これは“マスタークロノメーター”は、私には、このスポーツウォッチの“プロフェッショナル”の性質を維持するの大部分は無傷の家のオメガ運動を認定する最初のシーマスター300 m時計コレクションです。オメガはさらにゴールドとセラミックでよりエキゾチックなモデルにブラックダイヤルモデルとこの標準的なすべてのスチールを含むダイバーシーマスター300 m同軸マスタークロノメーター42ミリメートル(時計の正式名)のバージョンが不足しています。オメガ OMEGA (新品) この時計レビュー記事を書く時に、OmegaはそのウェブサイトでSeamaster 300 m同軸マスタークロノメーターの15の異なるバージョンを持っています。
私は、私の意見では、シーソースター300 mが私にとって何であるかについて、元の、コアルックを表しているので、黒いセラミックダイヤルとベゼルで、この参照210.30.42.20.01.001「鋼の上の鋼」モデルをチェックするのを選びました。ジーンクロードビバーがOmegaにあったとき、当初1993年にリリースされて、Squoraster 300 mはロレックスSubmarinerに競争的な代わりであるよう求めました。約25年後、私は多くの人々は、時間マーカーと一緒に設定された独特のハンドが競争から離れてシーマスター300 mのスタンドを支援し続けていることに同意すると思います。ロレックスSubmarinerと並んで判断されるならば、腕時計もその側で価格設定をします。この特定のスチール・シーマスター300 mの小売価格は、ロレックスSubmarinerよりおよそ5000ドルとおよそ3500ドル未満です。それによると、ハイエンドのダイブウォッチスペースでの競争は非常に激しいです、そして、今日、消費者が今日、スポーツダイブウォッチの上で4000ドルの上空を費やすことはほとんどユーティリティとスタイルに反対して地位と名声を求めています。
1990年代のオメガの人気は、コレクションの非常にアクセス可能な価格で行うには大部分のSeamaster 300 mで人気があります。今日の規格によって、SEAMASTER 300 Mは高価であると感じます-たとえオメガが本当に材料の面で価値命題を上向きにしたとしても、優れた社内のキャリアー8800自動運動だけでなく。同軸の脱出から始めて、Caliber 8800は環境的な影響の影響にも(実質的に)免疫性で、信頼できるシリコンバランス・スプリングを特徴として、オメガの印象的なMetas証明シール(それもCOSCクロノメーター証明を含みます)を誇ります。オメガ|ブランド|時計・腕時計正規販売店4 Hzで動作すると、自動運動は55時間の予備力を有し、日付窓の合併症と共に時間を含む。その結果、正確で信頼性の高い、非常に弾力的な機械的な動き-正確にあなたがダイバーのスタイル時計で欲しいもの。
シーマスター300 m腕時計の最新世代は、42 mmの広い対41 mmの広いケースで、出てくる世代よりわずかに大きいです。300メートルに耐える水、ケースは厚さおよそ12 mmで、ラグ距離におよそ50 mmのラグを持ちます。快適さを身に着けているが、それは重くてどんちゃんちゃの腕時計です-特に金属ブレスレットと対になったとき。ケースに最も興味深いalbeit更新の一つは、ケースに10時に位置しているヘリウムリリースバルブクラウンのテーパです。このわずかなデザイン微調整は、視覚的に新しい世代と旧世代のシーマスター300 Mモデルを分離する簡単な方法です。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s